ゴールデンウィーク以降のお出かけは日帰りで海へ!子供も歓喜!

透明度の高い海
スポンサーリンク

ゴールデンウィークはもちろん、初夏の行楽シーズンは、とにかくどこへ出掛けても混雑します。

人気の遊園地や観光地はどこも人でいっぱいです。

我が家は、大混雑が予想されているところにわざわざ出掛けることはしません。

近所の海でのんびりします。

渋滞や混雑にイライラすることもないし、海に行けばいくらでも楽しめるのです。

ゴールデンウィーク以降なら、もう海で泳げる

ゴールデンウィークはもう季節的には初夏です。

特に晴れた日には、気温はグングン上がり、Tシャツでも汗ばむ陽気になりますね。

もう早くも泳いでいる子どもたちもいます。

綺麗な浜辺

うちの子たちも、この時期からガンガン海に入って遊んでいます。

本当は僕も水着で泳ぎたいくらいですが、もうちょっとだけ我慢しよう。

海辺の生き物も沢山採れる

いよいよ初夏にもなれば、魚やカニなどの海辺の生き物も、採集して遊べる季節です。

この写真を撮ったのは5月1日ですが、うちの子を含め、沢山の子どもたちが磯で生き物採集をしていました。

海で生き物を採る子どもたち

いや、僕も含め、大人も夢中になってるんですけどね。

まだハゼなんかも小さいですが、これから夏に向けてどんどん大きくなっていきます。

(捕まえた生き物は逃がしてあげましょう!)

海へ行くなら、春先から初夏が一番

ゴールデンウィーク以降、梅雨が来るまでの時期が、海を一番楽しめる季節かもしれません。

海水浴やマリンスポーツを思いっきり楽しもうと思ったら、真夏を待つしかありません。

しかし、真夏になると、やっぱり海の透明度が低くなるのです。

それに比べて、春から初夏にかけては海の透明度も高くてキレイです。

透明度の高い海

気候も真夏のように暑すぎることは無く、すがすがしい最高の海シーズンと言えるでしょう。

まとめ

初夏は行楽日和なので、どこへ行っても混雑してしまいます。

どこに行こうか迷ったら、ぜひ海へ出掛けてみてください。

開放感いっぱいの海で、自然を満喫するのって最高ですよ。

子どもも歓喜しますから。

スポンサーリンク