【お金の名言】史上最強の投資家から学ぶ!お金持ちの言葉、考え方、行動

金持ちの部屋の画像
スポンサーリンク

こんにちは!はりじろー(@kachilogy)です!

 
世界一の投資家で投資の神様、史上最強の投資家と言われるウォーレン・バフェット氏をご存知ですか?
 
ウォーレン・バフェットの発する言葉はいつも世界中の注目を集めてきました。
 
その言葉にはシンプルですがとても重みのある「投資の真髄」「お金の真実」が含まれています。史上最強の投資家が語る名言の中に、お金持ちになるために必要な考え方や言葉、行動などが込められているのです。
 
たくさんの名言の中で、一番シンプルで僕が大好きな「教え」を今回はご紹介します。

【お金の名言】史上最強の投資家から学ぶお金持ちになるための言葉・考え方・行動 「お金のルール」

 
どの言葉や教えも大好きですので紹介しているとキリがないので、一番気に入っている教えをここでは紹介します。
 
僕が一番気に入っているのは、ウォーレン・バフェットの「お金のルール」です。
 
 
ルールその1:
 
決して金を失うな
 
 
ルールその2:
 
決してルール1を忘れるな
 
 
世界一の大投資家の「ルール」が、「決して金を失うな」ですよ。
 
シンプルなだけに、すごく深みがあります。
 
 
 
実際、ウォーレン・バフェットの株式投資のスタイルというのは、非常にざっくりと言えば
 
・自分がよく理解できない事業には決して手を出さない
 
・厳格な条件に適合する優良事業にしか手を出さない(「消費者独占企業」と呼んでいます)
 
・市場の暴落などにより、そうした優良事業の銘柄が、不当に安くなっているときに買う(これをウォーレン・バフェットは、「バーゲンセール」と呼んでます)
 
・いざ買うとなれば、「ありったけの金を注ぎ込んで」買う
 
・買ったら、ずっと手放さない(長期投資)
 
というものです。
 
 
 
もちろん、ものすごく厳格な計算に基づいて投資をしているはずですが、いずれにしても
 
「勝つ」というよりも「絶対に負けない」というスタンスじゃないかと思います。
ここは、意味は同じようで実は違ってきます。
 
そして、「これは絶対にお買い得」と思った時には、「ありったけの金を注ぎ込む」のです。
 
逆に、はっきりとした確信が持てない場合は、一銭も投資しないのです。
 
まさに、「決して金を失うな」です。

【お金の名言】史上最強の投資家から学ぶお金持ちになるための言葉・考え方・行動 「節約した1ドルも儲けた1ドルも同じ」

ウォーレン・バフェットはまた偉大なる節約家だということは有名な話。
 
投資で大成功して有名になってからも、新婚当時から乗っている古い車に乗り続け、スーツもかなりお値打ち価格のものを着続けていたらしいです。
 
一銭でも多く、投資の資金にするという徹底的なスタンスなのかもしれません。
 
この世界一の投資家の言葉の中に「節約した1ドルも儲けた1ドルも同じ」というものがあります。
 
ここに、お金持ちになるための考え方が込められていると思います。
 
 
これ、改めて整理しておきたいのですが、お金の使いみちには、
 
投資
 
消費
 
浪費
 
の3つがあります。
 
お金を使うことを価値との交換と考えた時に、
 
 
投資・・・
 
手にする価値>使ったお金
 
 
消費・・・
 
手にする価値=使ったお金
 
 
浪費・・・
 
手にする価値<使ったお金
 
 
ということになります。
 
ウォーレン・バフェットが偉大な節約家であったのは、浪費はもちろんのこと、消費も極力抑えて投資にまわしていたということでしょう。

【お金の名言】史上最強の投資家から学ぶ!お金持ちの言葉、考え方、行動 まとめ

 
僕は、株式投資でそんなに大きな成功を収めたことはないし、今までのトータルでは損はしていないものの、個別に見たときには正直言うと失敗も多いです。
 
しばらく遠ざかっていますが、また株式投資をするときには、本棚にあるウォーレン・バフェットの本をしっかり読みかえそうと思います。
 
2021年4月4日追記
 
この記事を書いている当時は少し投資から遠ざかっていましたが、2019年頃から株式投資を再開し、堅実に利益を積み上げることができています。
 
テクニック的なことを学べる書籍は他に色々とありますが、根本にある投資の真髄やお金との向き合い方、事業とは何か?などへの理解を深めるためには、やはりこのバフェットの教訓が一番素晴らしいと思っています。
 
バフェット関係では3冊ほど本を持っていますが、その中で一番お薦めなのはこのバフェットの教訓です。
 
投資に興味が無い人にとっても、ぜひ読んでもらいたい一冊。投資に関してだけではなく、お金やビジネスに関して、ウィットに富んだ深い言葉に触れることができる一冊です。
 
ぜひ、読んでみてください。
 
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)