僕がブログをやめてた理由と再開した理由

朝日と道
スポンサーリンク

気がつくと、随分とこのブログを放置してしまっていました。そして、久しぶりにブログを再開することにしました。

この機会に、僕がブログをやめてた理由と、再開した理由について書きます。自分の備忘録も兼ねていますが、今現在ブログを運営している人、ブログ更新が止まっている人にとって、何か参考になる内容になればいいなと思います。

ブログをやめてた理由

このブログの更新をやめてしまっていた理由は、実は今となってはよくわからないし、思い出せないんです。特にやめてた理由なんて無いのかもしれないです。意識して「やめよう」と思ってやめたわけでは無かったんです。要は、意思をもって「やめる」と決めたわけじゃなかったんです。

書き続けるのをやめてしまったという感じ。書かなくなって、そのままずるずると離れてしまったということです。頻繁に更新していたのは2017年までで、2018年に至ってはなんと年間に更新が2回だけでした・・。

なんでしょうかねー。単純に仕事や家庭などで時間がそもそも限られている中で、時間を捻出してまで書くほどのモチベーションが続かなかったということなんでしょうね、客観的に振り返ると。

ネタは沢山あるし、ブログを書くのはきっと好きなんですけど。継続は難しい。始めるのは簡単だけど継続は本当に難しいですね。なんでもそうですね。

ブログをやめてわかった、継続するためのコツ

今こうして客観的に振り返ると、なんで継続出来なかったのかは少しだけわかってきました。

それは、書くことの目的を、書くこと以外にしていたってことかな、と。○○するために書く、みたいな。例えば、「価値ある情報を届けて、沢山の人に見てもらうために書く」みたいなことです。

もちろん、それはとっても大事なんだけど、そうした、書くということ自体を横に置いてしまうと、きっとブログを継続することがしんどくなるんじゃないかなーと思います。ブログを書くことそのもの、書くということそれ自体も目的にしないと、ただの苦行になっちゃいます。書くというプロセスそのものに価値や楽しみを見出さないと続かないってことです。

なので、繰り返してしまいますが、ブログを継続するためのコツは、目的の中に「書くことそのもの」も含めておくべき、ってことだと僕は思います。ブログの目的は様々で、人によって集客のためだとか○○するため、という色んな目的があると思います。そこに、ぜひ、「書くことそのもの」を目的として加えてみたらいいんじゃないかなと思います。平たく言えば、「ブログを書くことそのものを楽しむ」というイメージです。

ブログを再開した理由

実は今年、このブログの他に、資産運用・節約・教育費といったお金に関する内容に特化したブログの運営をスタートしています。これは単純に、自分が専門とする分野について発信していこうという試みです。

すると不思議なことに、こっちのブログも書きたくなったんです。もう、無性に。これが一つ目の理由です。専門分野について、結構固い話も多く書いていると、もっと日常の中での気付きや経験、育児のこと、海や山での遊び方など、もっともっと書きたい!という気持ちが湧き上がってきたんです。

不思議ですね・・。なんとなく時間が無い中で更新が止まったいたのに、別のブログを始めたらこっちのブログも書きたくなったという・・。余計時間が必要になるのに、です。

二つ目の理由は、改めてこれまでのPVを確認したら、一時は月間2万PVも読んでいただいていることがわかったからです。こんなに沢山読んでもらってたのに、なぜブログの更新をやめたんだろう・・・。もっと書いてまた沢山の人に読んでもらいたい、と思ったのがブログを再開した理由の二つ目です。

今後の方向性

「価値ある人生を送るヒント」というテーマに変更は無いけど、そんなに大袈裟に構えないほうが、むしろ読んでくれる人の役に立てる記事が書けそうな気がします。

日常を「もっと楽しもう」とする中での経験や気付きを共有する、発信する。日々の中で、これは記録しておきたい、色んな人に知ってもらいたいということをストックしていく。その記事が、実際に誰かの役に立つ。そんなブログでありたいなあと思います。

ブログから離れて、新たにブログを立ち上げたことで、むしろこのブログの役割がはっきりしてきました。そして、誰かのブログで読んだ、「人生をコンテンツ化する」という言葉の意味や、以前読んだ本に書いてあった「ブログを人生の母艦にする」という言葉の意味が、わかってきた気がします。

それでは、ぼちぼち更新を再開していきますので、よろしくお願いします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)