葉山から都内への通勤方法は?辛いの?移住して10年目の機会にじっくり検証してみた

葉山一色海岸の画像
スポンサーリンク

こんにちは!はりじろー(@kachilogy)です!

「葉山に住んでいる」と言うと、「いいですねー!」と言ってもらえるのと同時に、「都内までどうやって通勤するの?」「都内までの通勤は辛いんじゃない?」と聞かれます。

結論から言うと、

ま、楽では無いね!!(笑)

でも、座れるし時間の有効活用も出来るよ!

って感じです。

都内から家族で葉山に移住して2021年で10年目。じっくり検証して書いてみました。

特に、「葉山に移住を検討してるけど都内までどうやって通勤するのかな?「葉山から都内までの通勤は辛いんじゃ無いのかな・・・」と思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

葉山から都内への通勤は長いぞ!でも座れるし有効活用も出来る。

葉山から都内への通勤方法や事情など、詳しくはこの後書きますが、まーーーとりあえず通勤所要時間は長い。

同じ葉山町内でも多少の差はあるし、都内と言っても品川エリアか池袋あたりかで全く変わってきますが、ざっくりと1時間45分〜2時間強はかかりますね(ドヤ顔)。あ、片道ね!(ドヤ顔)。

ただ・・・ですね。ちょっと工夫すれば全部座って行けたりします。

ここが結構大事なところで、超ぎゅうぎゅう詰めの中を何十分も立ちながら通勤するよりもはるかに楽ですし、有効活用も出来ます。この有効活用についても後で書きますね。

葉山から都内への通勤パターンは、JRか京急。いずれも駅まではバスで向かうことになる。

葉山から都内への通勤パターンは、JRか京急を利用することになります。いずれも葉山エリアから駅まではバスで向かうことになります。以下、詳しく解説しますね。

JRで都内に通勤・通学するなら、横須賀線もしくは湘南新宿ライン。ちょっと工夫すれば座れる。

JRの場合、葉山エリアの最寄り駅はJR逗子駅になります。

ここから都内・横浜方面へ向かう場合は、JR横須賀線もしくは湘南新宿ラインを使うことになります。

品川・東京方面へ通勤・通学する場合はJR横須賀線を使うことになります。渋谷・新宿・池袋方面へ通勤・通学する場合は、湘南新宿ラインが便利ですね。

JR逗子駅からJR横須賀線を利用した場合、品川駅まで所要時間は54分。東京駅までなら60分です。

遠い・・・と思うかもしれませんが、JR逗子駅ならではのメリットがあります。それは、増結車両があることです。JR横須賀線は、横須賀方面からJR逗子駅まで11両で走ってきますが、JR逗子駅で、空の4両を増結します。(増結が無い時間帯や電車もあります)

なので、ラッシュ時でも、1、2本ほど見送って所定の場所で待てば、必ず座れます。これってすごくメリットがありますよね。

もう一方の湘南新宿ラインですが、本数は少ないものの、JR逗子駅始発の電車があります。これを狙って都内まで通勤・通学すれば、座っていくことが出来ます。

京急で都内に通勤・通学するなら、途中で乗り換えするパターンが多い。

京急の場合は、葉山エリアからの最寄り駅は、京急 逗子・葉山駅になります。(ちょっと前まで新逗子駅という名称でした)

京急で東京・横浜方面へ通勤・通学する場合は、乗り換えをすることになる場合が多くなります。なぜなら、京急 逗子・葉山駅は、京急の本線からちょっと外れた、京急逗子線という支線の駅だからです。

基本的には、金沢八景か金沢文庫まで乗って、そこから京急本線に乗り換えるパターンになります。普通品川行き、でそのまま都内まで乗っても良いかもしれませんが、果てしなく時間がかかります。

あるいは、6時台に一本だけ特急青砥行きがあるので、それに乗ってしまうかです。

なお、空港へはものすごくアクセスしやすいです。特急羽田空港行きが逗子・葉山駅始発で7時台は10分おきくらいに走っており、羽田空港までは快適に1時間ほどで着きます。空港ではなく、品川方面に行きたい場合は、この電車に乗って、例えば京急蒲田あたりで乗り換えると言うのもアリです。

駅まではバス。バスはいくつかのルートがあり、家の場所によって使い分けする。

葉山エリアから、JR逗子駅もしくは京急 逗子・葉山駅に行くためには、バスを利用することになります。(葉山でも逗子寄りのあたりからなら歩いたり自転車だったりでも行けるかとは思いますが)

駅から三浦半島のあちこちに向かって放射状に京急バスの路線が張り巡らされています。このうち、いくつかが葉山と逗子エリアを結ぶわけですが、どのルートを使うかは、家の場所次第。

基本的にはバス停から近いと通勤・通学も楽ってことです。

葉山から都内への通勤で一番厄介な問題は、悪天候時は駅に着く時間が読めないこと

順調なら葉山エリアから駅までは、10分〜20分で着きます。ですが、悪天候の時は別。実はこれが葉山から通勤・通学するにあたって一番厄介な問題でもあります。

葉山エリアからJR逗子駅、京急逗子・葉山駅に出るルートは、大きく二つ。いわゆる「海岸廻り」と「山まわり」です。どちらも、片側一車線の道路。大雨や雪の場合、何が起こるかというと、普段はバスに乗っている人が、奥さんや母親の運転する車で駅まで送ってもらうという現象が多発します。そして渋滞になるんです。

普段は15分くらいで駅まで着くのに、ひどい時は50分くらいかかる時もあります。

なので、天気予報を事前に見ておくことはマスト。天候が悪そうだったら、いつもより早めのバスに乗りましょう。それでも遅れたら、もう仕方が無いです。

のんびり向かいましょう。葉山っぽいじゃないですか(笑)

自然と共に生きましょう(笑)

葉山から都内への通勤時間を有効活用する方法

バスでは座れないことも多いかもしれませんが、先程書いたように、電車は工夫次第で座れます。特にJRの場合は。

都内までざっと1時間の電車時間を、有効活用してしまいましょう。

仕事や勉強に使えますよね。僕は通勤のついでに資格取得の勉強をして、2つほど資格を取りましたし。結構集中できますよ。読書をしても良いでしょう。

他の人が家でわざわざ時間を取る必要があることを、むしろ移動しながら出来てしまうわけで。前向きに考えれば時間を有効活用出来ますよね。

コロナ禍で激変した葉山から都内への通勤事情

そんなこんなで早くも10年ほど葉山から都内へ通勤しています。ところが、昨年からのコロナ禍で、この事情が激変しました。

ほとんど在宅ワークになったからです。

で感じた事は、やっぱり通勤って大変だよなあ、と(オイ笑)。でもこれは、葉山からだろうが、どこからだろうが、同じように通勤自体が結構辛い事ですよね。

これからコロナがいつ収束するかはわかりませんが、毎日通勤するという習慣もグッと減っていくと思います。そうなると、通いやすさや、都内への通勤所要時間といったことよりも、住み心地で住まいを選ぶことの重要性が増しそうですね。

まとめ:葉山から都内への通勤方法はJRもしくは京急で。駅まではバス。辛い?時間は長いけど工夫次第で座れるし、有効活用できる。

今回の記事は、葉山から都内への通勤方法についてと、「辛い」のかどうか、移住して10年経ったので、じっくり振り返って検証して書きました。

結論は最初に書いた通りで、

ま、楽では無いね!!(笑)

でも、座れるし時間の有効活用も出来るよ!

ってことです。

「葉山に移住を検討してるけど都内までどうやって通勤するかな」「葉山から都内への通勤は辛いんじゃ無いのかな・・・」と思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

併せて、葉山に住むことのメリットやデメリットもぜひ確認してみてくださいね。また、葉山で子育てをすることを考えている方は、実際に葉山で子育てをして良かったと思う点、注意点についてこちらの記事でまとめていますので読んでみてください。

葉山の海岸

葉山に移住して子育てをして良かったと思う5つの理由と注意点2つ

2021.04.01
海辺の画像

海の近くの家に住むことのメリットとデメリット

2016.11.22
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)