葉山一色海岸の海の家【2022年】開設の全6店舗一覧まとめ!シチュエーション別におすすめの海の家を紹介!

BlueMoonの画像
スポンサーリンク

こんにちは!はりじろー(@kachilogy)です!

葉山一色海岸で、2022年夏に営業する海の家を全部まとめて一覧で紹介します。

カップル、ファミリー、仲間同士での利用など、シチュエーション別、利用シーン別におすすめの海の家はどこなのかも、あわせて書いておきます。

海の家選びの参考にしてみてください。

それではどうぞ!

葉山一色海岸の海の家、2022年の営業は全部で6店舗

今年2022年の夏、葉山一色海岸で営業するのは全部で6店舗です。

なお、葉山の一色海水浴場の海開きは、7月1日(金)です。

葉山一色海岸2022年4月23日の画像

葉山町の海開き、2022年は7月1日(金)で決定!海水浴場を開設します!

2022.05.27

海の家の営業も同じく7月1日(金)からとなります(お店によっては準備が遅れる可能性がありますが)。

この記事を書いている時点では、海の家のオープンは間近に迫っており、前回葉山一色海岸の海の家【2022年】開設予定の店舗を紹介(判明分)!!という記事を書いたときよりもさらに建設や準備が進んでいます。もうほぼ完成という店舗が多いですね。今日、一色海岸で遊びながら調査しましたので間違いないです。

葉山一色海岸の海の家「BlueMoon」の画像2

葉山一色海岸の海の家【2022年】開設予定の店舗を紹介(判明分)!!

2022.06.16

前回の記事執筆時点では判明しなかった店舗についても判明しましたので、今回、全6店舗をご紹介する記事を書くことにしました。

※以下、海を背にして左から順にご紹介します。海を正面にして立った場合は、右側から順ということですね。

「さざ波」:昭和レトロな「ザ・海の家」

「さざ波」の画像
↑葉山一色海岸の海の家「さざ波」

一番目にご紹介するのは、昭和レトロな雰囲気で印象的な「さざ波」です。

どんな海岸にも必ずと言っていいほど存在する、「ザ・海の家」という感じのお店。

僕はね、なんかね、好きなんですよ。

なんというか、幼い頃の記憶にある海の家という感じじゃないですか。

ノスタルジックな感じ。

一色海水浴場の入り口からは一番奥まった場所にあり、次に紹介するBlueMoonの奥に隠れてしまっている感じで、意外と穴場です。

そんなロケーションということもあり、遠くからはあまり目立ちませんが、いざ近くまで行くと、紅白柄が結構目立ちます。泳いだり、SUPなどで沖に出た時には結構貴重な目印になります。流されてるかどうか、わかりますよ(笑)目立ちますので。

この「さざ波」は、子供連れのファミリーや、年配の人でも気軽に入れるので、そういった人にはおすすめです。

飲食メニューも、昔ながらの海の家らしいメニューが用意されています。

「海の家って言ったらこういう感じだよね」「あー、これこれ」となんとなくホッと出来ると思いますよ。

「BlueMoon」:三角屋根が特徴的!葉山の間伐竹で造られたオシャレな海の家

「BlueMoon」の画像
↑葉山一色海岸の海の家「BlueMoon」
BlueMoonの画像
↑葉山一色海岸の海の家「BlueMoon」の三角屋根

葉山一色海岸の海の家といえば「BlueMoon」を思い浮かべる人も結構居ると思います。

僕もなんですけど。

有名だし、人気店ですね。

「BlueMoon」は、葉山の間伐竹で建てられていて、空間もオシャレで開放的で気持ちのいいお店。

リゾート気分が味わえますね。

ご飯も美味しいですよ。個人的におすすめなのはしらす丼です。

シャワーや各種レンタルもやってます。

あと、アロママッサージとかをやってくれる「BlueMoon Spa」があり、女性には人気ですね。

ファミリーでも気軽に入れますが、特にカップルや女性同士におすすめの店はこのBlueMoonですね。

「一色ロイヤルビーチ」:ファミリーや仲間同士のグループには一番おすすめ!

一色ロイヤルビーチの画像
↑葉山一色海岸の海の家「一色ロイヤルビーチ」

「一色ロイヤルビーチ」も、先程の「さざ波」と同様に昭和レトロな「ザ・海の家」的な存在です。

ロケーション的には、海岸監視所&トイレの建物のすぐ脇に位置していますので、利便性は高いです。

そして店舗はかなり大きく、食堂部分の奥には座敷が広がっています。

ファミリーには特に一番おすすめですね。座敷があるので、小さなお子さん連れにも便利なんじゃないかと。

(座敷の利用は、シャワーや着替え利用をする人が可能です)

ワイワイした雰囲気ですし広いので、仲間同士のグループの利用もしやすいと思います。

我が家も、まだ息子達が小学生以下だったころは、一色ロイヤルビーチでラーメンとかき氷を食べるのが割と定番のスタイルでした(笑)比較的リーズナブルですし(笑)

「Sea Side Surfrider」:BBQも可能な「ザ・海の家」

sea side surfriderの画像
↑葉山一色海岸の海の家「sea side surfrider」

こちら「Sea Side Surfrider」は昨年2021年には開設しなかった海の家です。

一色海岸では原則BBQは禁止ですが、この海の家Sea Side SurfriderではBBQが楽しめるんですよね。

食事メニューは「ザ・海の家」的なメニューのようです。

割とどんなグループでも利用しやすいんじゃないでしょうか。ただ、一色ロイヤルビーチなどと比べると、若干小さめの店舗です。

先日、まだ建設中の海の家を調査して記事にした時点では、こちらは次にご紹介するSAIL HUSの一部なのかなと思っていましたが、どうもそうではなく、独立した別の店舗だったようです。

「SAIL HUS」:席予約も可能

sail husの画像
↑葉山一色海岸の海の家「SAIL HUS」

「SAIL HUS」は「セイルハウス」と読みます。ここ、僕は運営主体を良くわかっておりません・・。

元々は東京の不動産会社が運営していましたが、2021年に入って事業譲渡をしたようです。

このお店は企業とコラボしているイメージです。

2、3年前あたりは確かヘリーハンセン(ゴールドウィンのブランド)のロゴがデカデカとあったような・・。

通常の飲食の他、席予約やルーム予約ができます。

確か結構なお値段ですけどね。

どちらかというと、ちょっと特別な空間を楽しみたいカップルやグループ向けな感じです。

「UMIGOYA」:マリンスポーツも楽しめるお店

UMIGOYAの画像
↑葉山一色海岸の海の家「UMIGOYA」。かなり幅が広いです。
UMIGOYAの画像
↑葉山一色海岸の海の家「UMIGOYA」。こちら側まで続いています。

「UMIGOYA」は飲食の他、カヤック、SUPなどのマリンスポーツも楽しめるお店。

どんな人も楽しめるお店だと思いますが、やや大人向けかと。

そして常連客同士で賑わっているイメージがあります(個人的な感想)。

今年2022年の店舗はかなり大きいですね。「一色ロイヤルビーチ」よりも幅が広いような気がしますが、どうでしょうか。横に長く広がっています。

まとめ

というわけで、葉山一色海岸で2022年夏に営業する海の家、全6店舗をまとめて一覧にして紹介しました。

なお、2021年夏に営業していた店舗は全部で5店舗でした(Sea Side Surfrider以外の店舗)。その5店舗については2021年に書いた記事をベースにして追記・修正を加えています。

UMIGOYA

葉山一色海岸の海の家、2021年開設中の全5店舗一覧まとめ!シチュエーション別におすすめの海の家を紹介!

2021.07.14

シチュエーション別、利用シーン別におすすめのお店も書いておいたので、ぜひ参考にしてみてください。

(主観的な意見も入っていますが、大体合っているかと)

では!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)