葉山一色海岸の小さな赤い鳥居は、竜神様を祀ったもの。航海安全・大漁を祈願するんだそうです。

葉山一色海岸の鳥居
スポンサーリンク

こんにちは!はりじろー(@kachilogy)です!

葉山一色海岸の端のほうに、赤い小さな鳥居があるんですよね。

実は、長年「これ、何を祀ったものなんだろう」と思いつつも、まあなんというか見慣れてしまっているということもあり、特に調べることもなく過ごしていました。

なぜか突然気になり、改めて調べてみました。

この鳥居は、竜神様を祀ったものなんだそうです。

葉山一色海岸の鳥居の場所は?

葉山一色海岸の端のほうに、小高い芝生の丘があり、その先はゴツゴツした岩が海のほうへ伸びています。

なお、この小高い芝生の丘の部分は、「小磯の鼻」と呼ばれています。

葉山は夕日が綺麗なんですが、この「小磯の鼻」からの夕日は格別ですよ。

一色海岸の夕日

葉山で夕日を見るなら一色海岸がおすすめ!【絶景スポットあり】

2020.12.19

そのあたりまで歩けばすぐにわかるのですが、「小磯の鼻」のすぐ脇の海岸に、ちょっと大きな岩があって、その上に赤い小さな鳥居があります。

小磯の鼻から撮った写真だと、ここ。

一色海岸の鳥居の場所
一色海岸の鳥居の場所は、「小磯の鼻」の脇

航海の安全と大漁を祈願するため、竜神様を祀っている

冒頭にも書きましたが、この鳥居は、竜神様を祀っているんだそうです。

竜神様は海の守り神なんだそう。

航海の安全と大漁を祈願するため、竜神様を祀っているんだそうです。

確かに、鳥居がある岩場を登り、鳥居の奥を見ると、小さな祠が。

そして、お酒がお供えしてあります。

一色海岸の鳥居の祠
岩場を登り、鳥居の奥をみると、祠が

いやほんと正直に言って、知りませんでした。

あまりにも見慣れてしまっているということもあるのですが、やっぱり何事にも興味を持って、そして何事にも疑問を持って、ちゃんと調べないといけないですね。

反省。

で、これも知らなかったのですが、例年、1月11日に竜神様のお祭りがあるんだそうです。

漁師さんとかがやってるのかな。

この写真を撮ったのは1月14日。

確かに、笹が飾ってありますので、これはそのお祭りによるものなのでしょうか。

まとめ

葉山で鳥居といえば、名島の鳥居が有名です。

森戸海岸の沖に名島という小さな島があり、そこに鳥居があるのです。なので、海の上に鳥居があるという景観で、神秘的。

その名島の赤い鳥居も、竜神様を祀ったものだとか。

何気なく見ているけど、意外と知らないことってあるんですよね。

では!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)