バリウムと胃カメラのどっちがいい?僕が胃カメラを選んだ理由

バリウム
スポンサーリンク
モモンゾ(@kachilogy)です。
 
 
今回は、胃の検査をするならバリウムと胃カメラのどっちがいいの?って話を書いていきます。
 
 
とは言っても、医学的にどうとかそういう話じゃなくて、あくまでも僕の経験上こうだったという話です。
 
 

僕がバリウムをやめて胃カメラを受診することにした理由

 
 
バリウムと胃カメラ、どっちがいいの?って聞かれたら、もうタイトルどおりなんですけど、僕は胃カメラ。
 
 
というのか、もう消去法といえば消去法なんですけどね。
 
 
少し前に人間ドックを受診して、その際には胃カメラを選びました。
 
 
胃カメラを選んだ理由は、もう二度とバリウムを飲みたくないからなんですよ。
 
 
ちなみに今回の胃カメラは、人間ドックのオプションとして申し込んだんですけどね。
 
 
いや本当はね、こんなのやりたくなかったんですよ。
 
 
そもそも本音を言うと、人間ドックそのものが苦手。
 
 
さらに言えば、病院そのものが苦手。
 
 
病院コワイ・・・。
 
 
本来は人間ドックって35歳くらいから受診を推奨されるものらしいんですけどね。
 
 
僕は去年41歳になるまで、ずっと健康診断で済ませてました。
 
 
でも、去年カミさんから、「もう40過ぎたんだから人間ドックやっとけば?」って言われましてね。
 
 
で、去年初めて人間ドックってやつをやったんですよ。
 
 
実際人間ドックを受けてみると、「なんか別に健康診断と変わらなくね?」という感じだったんですけどね。
 
 
バリウムを飲むまでは。
 
 

去年のバリウム検査で、もう二度とバリウムは飲みたくないと思った

 
 
そう、去年初めて人間ドックを受けたわけだから、バリウムを飲む胃検診もそのときが初めてだったんですよ。
 
 
もう、
 
 
「飲めるかこんなもん!!」って。
 
 
明らかに飲み物じゃないのに、無理やり味付けまでしてあって。
 
 
一気に飲めって。
 
 
生きた心地がしないまま、飲まされて。
 
 
やっと飲んだと思ったら、さらに膨張剤みたいなの飲まされて。
 
 
ゲップしたくなるものを飲まされたあげく、ゲップを我慢しろ、と言われながら、横向けとか回れとか言われて。
 
 
ゲップ出るっつーの!!
 
 
・・・で、ゲップしてしまいましてね。
 
 
そしたら、検査技師のおっちゃんが「・・・もう一回飲める?」って。
 
 
無理無理無理無理。
 
 
飲みたくない。飲めない。
 
 
「いや・・・もういいです。もう検査いいです・・・。」って。
 
 
結局、大体検査できたと思うから、今回はこれでいいでしょう、って言われて中途半端な終了。
 
 
そんなこんなで、去年僕は、
 
 
「二度とバリウムは飲まない」
 
 
と固く誓ったんです。
 
 

今年の人間ドックでは、鼻からの胃カメラにしてみた

 
 
で、早いものでそれから一年。
 
 
今年も人間ドックを受ける時期になって。
 
 
本当は、胃検診そのものを受けないようにしようと思ったんですけど、それはそれでなんとなく心配で。
 
 
もし大きな病気があったとしたら、早期発見したほうが良いですからね。
 
 
で、色んな人としゃべっているうちに、
 
 
「バリウムよりも胃カメラのほうがラクかもよ」
 
 
「バリウムよりも胃カメラのほうが正確らしいよ」
 
 
という情報が耳に入ってきましてね。
 
 
さらには、
 
 
「口じゃなくて、鼻から入れる方法があって、それはラクだよ」
 
 
って聞きましてね。
 
 
それだ!と。
 
 
鼻から胃カメラならやれる気がする、と。
 
 
で、申し込んだ次第。
 
 
これが、僕がバリウム検査ではなく胃カメラを選んだ理由です。
 
 

まとめ

 
 
単純に、バリウムなんかもう二度と飲むもんか!というのが一番の理由ですが、実際に胃カメラのほうが精密に検査できるとも聞いています。
 
 
今、迷っている人は胃カメラにチャレンジしてみてはどうでしょう。
 
 
鼻から胃カメラをやってみてどうだったの?ってことについては、こちらの記事に書いてますのでどうぞ。
 

人生初!鼻から胃カメラを入れた感想と体験談を書いておく

2017.07.04
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)