手帳に最適!フリクション0.38多色ボールにブルーブラックを搭載

フリクション0.38多色ブルーブラック
スポンサーリンク
筆記具、何を使ってます?
 
僕はもっぱらフリクションボールですね。普段の筆記も手帳も。
 
今回は、非常にニッチな話題を書いていこうと思っています。
 
フリクション0.38の多色ボールペンに、ブルーブラックを搭載すると、手帳に最適ですよ!という話題です。
 
 

ガシガシ筆記には0.5のブルーブラック

 
僕は普段から、打ち合わせ内容から思考内容まで、かなりガシガシとノートに書きます。
 
自分でも後で読み返すと読めないような字で、ガシガシと書きます。
 
ちなみに好んで使うノートは、A4方眼タイプ。
 
 
 
広げるとA3としても使えるノートなので、自由に使えて便利です。
 
 
で、このガシガシ筆記用には、フリクション0.5のブルーブラックをもっぱら使っています。
 
ガシガシ筆記するにあたっては、0.38だと僕には細すぎると思っています。
 
スラスラとなめらかに動くのはやっぱり0.38よりは0.5ですね。
 
色はなんでブルーブラックかというと、万年筆を彷彿とさせる色で、気に入ったから。
 
そもそもフリクションのブラックって、ちょっと薄くてグレーに近い感じで、僕にはあまりしっくりこないんですね。
 
その点、ブルーブラックはなんか良い感じ。
 
 
 
 

手帳には0.38多色タイプを使用

 
手帳用にもしばらく0.5のフリクションを使っていたんですが、僕は字が結構大きいんです。
 
手帳はフランクリンプランナーの綴じ手帳を使っていて、それほどコンパクトではないのにもかかわらず、0.5のフリクションだと字が潰れてしまいます。
 
そこで、0.38の多色タイプのフリクションをしばらく使っていました。
 
なぜ多色タイプかというと、理由は二つ。
 
一つは、青や赤も手帳には使うから。
 
もう一つは、軸が太いからです。
 
そう、フリクションで0.38の細さのものと言えば、単色だとフリクションスリムになってしまうのです。
 
フリクションスリムだと、僕にとっては(というか多くの男性諸君にとってもそうだと思うけど)持ちにくいんですね、細すぎて。
 
なので、軸の太い多色タイプを使っています。
 
 
  

0.38多色タイプにブルーブラックを搭載したら、手帳に最適だった!

 
で、今回の話の肝の部分に入っていきますね。
 
僕はしばらく悩んでいたんです。
 
それは、0.38の多色タイプは手帳には使いやすいんだけど、ブルーブラックを含む多色タイプが無いなあ・・という悩み。
 
ブルーブラックを手帳で使いたい。それも0.38のもの。
 
でもそのためには、フリクションスリムにするしかなくて、それだと細くて持ちにくい。
 
そこで僕が現在採用している方法は、フリクションの0.38多色タイプの中身を変えてしまう方法。
 
ブラックの芯を抜いて、ブルーブラックを入れてしまうという方法です。
 
 
フリクションの0.38の替え芯は、多色タイプとスリムタイプで共通になっているんですね。
 
なので、まず、フリクション0.38のブルーブラックの替え芯を買います。
 
 
そして、0.38の多色タイプのブラックの芯を抜き、代わりにブルーブラックを搭載します。
 
フリクションボール改造
 
(もちろん、俺はブルーは使わない、とかレッドは要らない、って人は、使わない色を抜けば良いです)
 
これで、
 
・0.38という手帳に最適な細さ
 
・ブルーブラックという(僕的には)一番良い色
 
・太い軸で持ちやすい
 
という3つのメリットを兼ね備えたフリクションが出来上がりです。
 
 

あとがき

 
できればデフォルトでブルーブラックが搭載された多色タイプが出てくれると良いんですけどね。
スポンサーリンク