悪循環から抜け出す方法は、前提とパターンを変えることだ

らせん階段画像
スポンサーリンク

悪循環に陥ってるなと気づいたら、そこから抜け出すことが重要です。

悪循環から抜け出し、断ち切る方法は、現状のパターンを壊したりして変化を起こすことしか無いと思います。

 

渦中に居ると、悪循環に陥っているという事実になかなか気づけない

次々と悪い出来事が起こったりすること。

また、物事に取り掛かっても、やることなすことうまくいかなくて、良くない方向にばかり向かってしまうこと。

こういう状態を、悪循環と言いますよね。

いわゆる負のスパイラルという状態です。

 

これは、仕事でも、人間関係でも、お金でも、家庭のことでも、何においても起こりうることです。

大なり小なり、誰にでもそんな経験はあるはずです。

 

もちろん、こうした悪循環に陥ってしまうのは、そうなりたくてなっているわけではないでしょう。

誰もが、

「これが正しい」

「これが解決策だ」

と信じて、必死になって行動して、努力しているのに、いつの間にか悪循環に陥ってしまうことがあるのです。

いつの間にか、です。

そして、渦中に居る本人は、悪循環に陥っているという事実に気づけないものです。

 

例えば、お金のことを例にあげてみましょう。

お金が足りない。もっと欲しい。

今の給料じゃ足りない。

そう思って、必死になって仕事をがんばる。

もっと稼がなきゃと思って、残業して休日もがんばる。

がんばった甲斐あって、収入は増えるかもしれない。

でも、その代わり、健康を害してしまったり、溜めてしまったストレスを解消するために大きな買い物をしてしまったり、散財をしてしまったり・・・。

結局、前よりお金が減ってしまったりする。

で、お金が足りないって言い出す。

 

まさに悪循環ですよね。

こうした状況に陥っていると、なんとか状況を良くしようと必死になればなるほど、自分が悪循環に陥っているということに気づかないものです。

ある意味で、「悪循環に陥っている」と気づくことが出来たら、それだけでもラッキーなことだし、そこから抜け出す第一歩を踏み出せていると言えるでしょう。

 

前提やパターンを変える

悪循環というのは、まさにその言葉のとおり、循環しているということです。

同じ道を辿っているということです。

 

これ、冷静に考えてみれば当たり前のことなんですが、

同じ思考で、同じ道を辿っていけば、高い確率で同じ結果が出ます。

 

なので、悪循環に陥っているということに気づいたら、もし、その結果を変えたいと思ったら、パターンを変えるしかありません。

別の思考をして、別の道を辿るしかないんです。

うまくいかない方法で、うまくいかない考え方で、うまくいかない道を、「必死に」「努力して」進んだら、悪い方向に向かってスピードを上げて進んでいるようなものです。

 

だから、

自分はこう思って進んできたけど、本当は違うんじゃないか。

こうだと信じていたけど、実は違うんじゃないか。

そういう風に前提を変えて、パターンを変えれば、きっと悪循環を断ち切り、悪循環から抜け出すことが出来るはずです。

 

まとめ

もし、悪循環に陥っているということに気づいたら、一歩下がって、前提やパターンを変えるようにしましょう。

悪循環を断ち切り、抜け出す方法は、きっとそれしかありません。

僕もそうやって、仕事にかぎらず色んなことが好転するように前提やパターンを変えてきました。

人生を変えるための、たった3つの方法

2016.03.25

きっとうまくいくと思いますよ。

スポンサーリンク