幸せになるためには、今を犠牲にしちゃダメ。今を楽しまないと。

今を楽しむ
スポンサーリンク
幸せになりたいと思って、幸せになるためには今のうちにあれをしなきゃ、これをしなきゃと今の幸せを犠牲にしているうちに、いつの間にか全然幸せじゃない状態になってしまっている・・・。そんな人が結構多い気がします。
 
あなたは大丈夫ですか?
 
そんな経験、ありませんか?
 
 
今回は、幸せになるためには今を犠牲にせずに、今を楽しむことが大事っていう話をしたいと思います。
 
 

将来幸せになるために今を犠牲にしてしまうと、逆に不幸になってしまう

 
「今を犠牲にしている」状態って、「今、本当はこうしたいのに」を犠牲にしている状態ということです。
 
「本当はやりたくないのに」
 
とか
 
「本当はやめたいのに」
 
とか、そういう状態です。
 
これって、本当に不幸だと思うんですよ。
 
 
本当はこんな仕事やりたくないけど、いずれ偉くなるために今は我慢するしかない、とか。
 
本当は今日は家族と過ごしたいのに、仕事が入った。昇進のためにには、休日出勤しなきゃいけない、とか。
 
本当は、目の前にある幸せとか今の自分の気持ちが大事なのに、「将来のため」という不確実なもののために、それを犠牲にしてしまう。
 
本当は家族を幸せにするために仕事を頑張っているはずなのに、仕事が入って家族との時間を犠牲にしてしまう。
 
将来幸せになるため、って思い込んで今を犠牲にしてしまうと、いつのまにか逆に不幸になってしまうんです。
 
 
 

これって結構誰にでも起こりやすい

 
なんだか偉そうに書いてしまいましたが、これって本当に結構誰にでも起こりやすい。
 
かなり多くの人が、気づかないうちに陥ってしまっているものだと思います。
 
 
将来、もっと良い暮らしをしたい。
 
将来、家族とゆっくり過ごしたい。
 
そう思って、
 
我慢して休日出勤して、毎日遅くまで残業をする。
 
やりたくないことをイヤイヤ続ける。
 
 
そうこうしているうちに、気づけば子供が成人していた・・・。
 
いつしか家族が崩壊していた・・・・。
 
夫婦仲が冷めてしまった・・・。
 
 
こんな話をたくさん聞きます。
 
つまり、誰にでも起こりやすいということです。
 
 
 

ただし、未来のために努力をすることは大事

 
ただ、将来の夢ややりたいことのために努力をするということは素晴らしいことで、ここで言う「今を犠牲」というのは、それを否定しているわけじゃないです。
 
将来の夢や、明確な目的に向かって行動するために、優先順位付けをしながら時間を捻出していく。
 
その時に、時には多少家族と過ごす時間が少なめになったり、時には仕事に没頭しなくちゃいけない時も出てくるかもしれません。
 
それは、自分で「そうする」って決めた上での行動ですから、これは「選択」でしょう。
 
ここで言っている「犠牲」というのは、自分にとっての価値観を深く考えもせずに「仕方なく」「本当はいやだけど」今を犠牲にしている状態のことを言っています。
 
選択の末にやっていることであれば、それは自分の気持ちとか家庭を「犠牲にしている」ということでは無いはずですから。
 
 

幸せになるためには、今を楽しむことが大事

幸せになるためには、今を犠牲にせずに、今を楽しむことが大事です。

今回の話をまとめると本当にこれに尽きます。

今を楽しむと、人生楽しいことだらけですよ!

ではまた!

スポンサーリンク