自由に楽しく生きる方法は、「思い込み」と「言い訳」を捨てること

ビーチとカモメ
スポンサーリンク

こんにちは、はりじろー(@kachilogy)です。

僕はずっと、もっと自由に楽しく生きたいって考えてた。

ふと、自由に楽しく生きるためには、今すぐ「自由に楽しく生きる」って決めて、今すぐ「そうなる」ことなんだな、っていう考えが浮かんだ。

言い換えると、そういう覚悟をすることなんだな、ってことに気づいてしまった。

「今は無理」とか、「それを手に入れるために、今は頑張る時」って、それ本当に自分の勝手な思い込みなんですね。

いや本当にこれ忘れないうちに書いておこうと思って、今ブログに書いてます。

「自由に楽しく生きるなんて今は無理」とかそんなものは全部勝手な思い込みなんじゃないか

勝手な思い込みなんですよ、全部。

自分で自分に勝手にブレーキをかけて、鎖で縛ってたんだなーってことに、ふと気づいた。

こうすべき、とか、こうしなきゃ、とか。

がんばらなきゃ、とか。

これは幼少期から今までの人生で形作られてきたのかもしれない。

この理由や背景の部分についてはまた別途掘り下げていきたいと思います。

いずれにしても、「今すぐ自由に楽しく生きるなんて出来ない」っていう考え自体は、きっと思い込みなんだろうなってことです。

「自由に楽しく生きるなんて家庭があるから無理」という言い訳

僕は多くのみんながそうだったように、大学に進学して、大手企業に就職しました。

結婚して子供が生まれ、やがて家を建てました。

で、自分がやりたいこととか、欲しいものとか、行ってみたいところとか、そんなものを全部後回しにして生きてきたことに気づいたんですよ。

いや、全部といったら嘘ですね。

それなりに、可能な範囲でやってはいると思う。

そしてもちろん、家族と一緒に旅行に行ったり、子供達と沢山遊んだりしてきました。

だから、すごく楽しい思い出も沢山あるし、実際楽しんでいました。

でも、もっと若い頃や学生時代は、もっとやりたいようにやってきたはず。

認めたくなくて蓋をしてきたけど、「もしまだ若くて一人だったら、こんなことをしたかった」ってことだって多分いっぱいあるんですよ。

あなたもそうじゃないですか?

「家族のために頑張る」

「家族が居るし、今はそれをやってる場合じゃない」

家族は本当に大事だし、大切なものです。

誤解されないように言っておきますが、家族のために仕事を頑張るのはとても素晴らしいことだと思います。

でも、「家族のために頑張らなきゃいけないから、自分がやりたいことは我慢する」って、なんか少しだけ違うんじゃないか。

「家族のため」を言い訳にしちゃってるってこともあるんじゃないかってことを、ようやく認めることにしたんですよ。

家族のために、自由に楽しく生きることを我慢するって、それ、家族が本当に望むことなんだろうか?

自由に楽しく生きながら、同時に家族も大事にしていく、ってことが大事なんじゃないか。

「家族のために頑張らなきゃいけないから、自分がやりたいことは我慢する」って言いながら、本当は、自分でブレーキかけてるだけなんじゃないか。

自由に楽しく生きながら、同時に家族も大事にしていくっていうことに挑戦することが怖いだけなんじゃないか。

そんな風に思ってます。

「自由に楽しく生きる」、それを実践することにした

そして、僕は決めました。

今から、自由に楽しく生きることを実践していってみようと。

すぐに、ブログのプロフィール欄を修正して、40代家族持ちサラリーマンが自由で楽しく生きることを実践していきながら、それを発信する、と書きました。

人生を思いっきり楽しんでやろうと。

「やりたい」「欲しい」「なりたい」を叶えていこうと。

だからといって、いきなり会社を辞めて地中海に行きます、とかそんなんじゃないですけど。

今の日常を、少しづつ広げたり工夫しながら、やりたいことをやっていく。

出来なかったら恥ずかしい、とか、そんな恐怖や恥ずかしさも捨ててやろうと。

そんな感じです。

息子達ももう随分と大きくなりました。

「頑張って仕事をしてる」とかだけじゃなくて、「めちゃめちゃ人生を楽しんでる」、そんな姿を見せたいなと考えています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)