目標が達成できない人に伝えたい「目標を過去形で書く」という方法

チェックリスト
スポンサーリンク

こんにちは!はりじろー(@kachilogy)です!

立てた目標がなかなか達成できない・・

こんな風に悩むことってありますよね?

今回は、目標が達成できないと悩んでいる人、困っている人に向けて、

目標を過去形で書く

という解決方法を紹介します。

実はこれ、今年のはじめに目標を立てるときに僕が実際にやってみたことなんです。

そして、すでに変化を感じているところです。

なぜ目標が達成できないのか

目標達成方法に関しては昔から膨大な研究がされていますね。

言い換えれば、目標達成って昔から人間の悩みだったってことですよね。

目標を達成するために必要なポイントはこちらの記事にも書いていますが、改めてポイントだけ書くと下記のとおりです。

  1. 目標を明確にする
  2. 目標を達成したときのイメージを持つ
  3. 有言実行
  4. 断固たる決意をする
  5. するべき事を全力でする
  6. 結果は、変化の集大成であると心得る
  7. 情熱を持つ

めっちゃ良い事書いているんですが(自画自賛)、告白すると達成できていない目標なんていっぱいあったりします。

なお、それぞれの項目についての詳しい内容は目標を達成するために絶対必要な7つのポイントという記事をぜひ読んでみてくださいね。

山登りしている男

目標を達成するための7つの方法と考え方

2016.07.14

いずれにしても、目標を達成できない理由は、これらのうちどれかが欠けているという風に僕は思います。

この7つの項目、実は、大きく「目標の立て方」の問題と「行動の仕方」の問題と2つに分けることができそうです。

1から7まで、どれも「立て方」「行動」の両方に関わってくるけど、どちらにより関係するか分けてみましょう。

「目標の立て方」は、1、2、4、6。

「行動の仕方」は3、5、7、かな、という感じがしませんか?

今回の記事では、このうち、「目標の立て方」に関わる話となります。

目標が達成できない人への提案。目標を「過去形で書く」という方法

書いてあるとおりでして、目標をすでに達成したかのように書く、というアイディアです。

ほとんどの人は、「今年中に10キロ痩せる!」とか「今年中に100万円貯金する!」とか「3年後に起業する!」とか、そう言った未来に向けての目標を書きますよね。

そりゃそうですね、目標なんだから。

そして僕も今までもちろんそうしてきました。

毎年年末年始に、その年の目標を書いてきました。

ちゃんと期限も書いて。

でもなんだか上手く達成できない目標もあったわけですよ。

なので、今年は何か工夫をしようと考えて、「よし!過去形で書こう!」と。

いつもは、「2021年12月31日までに◯◯を達成する!」とか書いていましたけど、

それをあたかも達成した後のように書くっていう事を試してみました。

具体的には、「2021年12月31日までに◯◯を達成した!」と書いてみました。

そして、もう一つ。

目標という名称をやめて、「達成リスト」にしました。

目標を過去形で書くことによる効果

僕は全部で7項目の目標を今年の年始に書いています。

いや、目標じゃないですね。改め、「達成リスト」です。

どれも「僕は」と主語を付け、「達成した!」という形にしています。

「僕は2021年12月31日までに、◯◯を達成した!」という形です。

そして、各月に小さなステップを書いているので、それも「1月末までに◯◯を達成した」という風に書いています。

この効果ですが、もちろん最終的な効果は今年の終わりじゃないとわかりません。

ですが、各月の行動、達成度には明らかに効果が出ています。

嘘みたいですが本当の話です。不思議です。

目標を過去形にして「達成リスト」にすることで、

  • ◯◯を達成した、と書いてしまっているので、達成していないと矛盾が生じる
  • その矛盾が生じないように、無意識に行動できる

こんなことが起こりました。

先ほど書いた、目標を達成するための7つのポイントは、

  1. 目標を明確にする
  2. 目標を達成したときのイメージを持つ
  3. 有言実行
  4. 断固たる決意をする
  5. するべき事を全力でする
  6. 結果は、変化の集大成であると心得る
  7. 情熱を持つ

でしたよね。

このうちの「目標の立て方」は、1、2、4、6と言いましたが、特にこの中でも、目標を過去形で書くということは、2、4、に大きく関係していると思います。

2.目標を達成したときのイメージを持つ。

過去形で書くということ自体が、達成したときのイメージそのものですよね。

達成した!と過去形で書いているし、達成したつもりでその感情とかも湧いてきます。

達成したら得られるものもイメージしてしまえるし、なんならそれを書き留めておくと良いですね。

4.断固たる決意。

これも、決意どころか「達成してしまっている」わけで。

なので本当に効果がありますよ、これ。

【まとめ】目標を達成できない人は、目標を過去形で書いてみることをおすすめします

これまで立てた目標が達成できないことが何度もあった僕も、今回紹介した方法を実践してみて、効果を実感しています。

ぜひ、試してみてください!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)