海の近くの家に住むことのメリットとデメリット

海辺の画像
スポンサーリンク
海の近くに家を建てて、家族で都内から移住してきて、もうすぐで丸5年になります。
 
ちょいちょい色んな人から、住み心地などについて聞かれることがあるので、今回は、「海の近くの家に住むということはどういうことなのか」を書いてみたいと思います。
 
海の近くに家を建てたいんだけど、海の近くの住み心地ってどうなの?
 
海の近くに住むと塩害とかもあって大変だと聞いているけど実際どうなの?
 
そんな風に悩んでいる方にぜひ参考にしてもらえればと思います。
 
 

海の近くの家に住むことのメリット

 
海の近くの家に住むことのメリットは、いっぱいありすぎてどこから語ったら良いのか迷うところです。
 
一言でいうととにかくその環境になるわけですが、いくつかの切り口で書いてみます。
 

いつでも海に行ける

 
とりわけ、「海が好き」という人にとっては、ビーチまで歩いていける、目の前に海が広がっているというような住環境は、他に代えがたい幸せです。
 
天気の良い休日の朝は、とにかく海へブラブラと出掛けてみる。
 
近所の人が犬を散歩させていたり、のんびりとビーチを歩いていたり。
 
「ちょっと海行ってくるわ」って散歩ついでに海に行けるというだけで、海の近くに住むことにとてつもなく幸せを感じるし、これこそがメリットだと思います。
 
他のメリットも、結局は「いつでも海に行ける」というところに行き着きます。
 

育児には最高

 
うちにはすでに中学生になっている長男と、小学生の次男がいます。
 
都内からこの町に移住してきた頃からはだいぶ成長しましたが、「育児には最高の環境だよな」と思います。
 
夏になれば、子供をいつでも海水浴に連れていくことができます。
 
我が家はビーチから700メートルくらい離れていますが、家から水着で歩いて出掛け、そのまま水着で帰ってこれます。
 
春から秋にかけては、磯で魚獲りをして遊べます。
 
中学生の長男はさすがにもう一緒に遊んでくれませんが、海を楽しんでいます。
 
夏休み中の部活の後には、友人と一緒に海ではしゃいで遊んで帰ってきます。
 
ゲーセンなどの遊技場とかではなく、海です。
 
これほど健全な環境って、素晴らしいと思いませんか?
 
海で遊ぶという以外にも、海辺の心地良い空気、潮風などが、子供の心身の健康にとってきっと良い影響を与えていると思います。
 

健康になる

 
さっき書いたように、海辺の心地良い空気、潮風などが、心身の健康にとって良い影響を与えてくれます。子供にとっても大人にとっても。
 
これは、実際に海の近くに住み、色んな季節を通じて実際に感じないと実感できない部分もあるのでしょうが、海の近くの雰囲気、空気感といったそんなものが本当に心地良いんですよ。
 
実際に湿度も高いし、陽当たりも良いので、身体には良いはず。
 
それと、必然的に身体を動かす機会が増えます。
 
マリンスポーツをやる人ならもちろんマリンスポーツを楽しめる時間が増えるでしょう。
 
ランニングをする人も非常に多いです。僕もですが。
 
僕の場合、ひたすらビーチやビーチ沿いを走っているのが好きです。犬のようです。
 
 

海の近くの家に住むことによるデメリット

 
海の近くに家を建てることを検討している、とか、海の近くに住みたい、という方は、「とにかく海が好き!」なわけで、結論から言うと、「海の近くに住めればそれでいい!以上!」ですよね?
 
でも一応デメリットについては知っておいたほうが良いかと思いますので、参考までに書いておきます。
 

塩害はある

 
塩害はあります。
 
車や自転車は結構錆びます。洗濯物だって、ペタペタになります。
 
ただし、これは、海からの距離によって程度の差があると思います。
 
海の真ん前の家であれば、きっと結構強烈に塩害や潮風と戦うことになるんじゃないでしょうか?
 
我が家は、海からは700メートルほど離れているので、工夫しだいで全然平気です。
 
例えば車は、防錆処理をしてもらえば、全然なんとも無いです。車には結構無頓着なのでわかりませんが、年に2回点検を出しているディーラーにも、錆びてるとか言われたことないです。
 
あ、でも自転車は錆びます。子供たちは気にせず乗ってますが。
 
洗濯物は風向き次第。
 
海からの風が強いときには、早めに取り込まないと、ペタペタします。
 

都市部への通勤は大変

 
海の近くの家に住むということは、おそらく都市部からは離れるということになりますから、大半の場合は通勤は大変になります。
 
我が家は神奈川県のとある海辺の町にありますが、ここから都内への通勤はちょっとした小旅行です。
 
ただ、今はスマホやipadがあれば、移動時間を有効活用すれば、移動時間も無駄にはなりませんよ。
 
ヘタにギュウギュウ詰めの電車で何もできないまま30分、40分乗るより、座って通える長時間のほうが楽かもしれませんよ。
 

夏は結構混んでしまって大変

 
オンシーズンともなれば、色んなところから人が遊びに来るので、周辺の道は混むし、当然海は混み合います。
 
こればかりはどうしようもないですね。
 
ただ、まだ誰も遊びに来てない早朝の海で子供と遊んで、混み始めてから家に帰るということができるのは、海の近くに住んでいるからこそできる贅沢です。
 
 

海に行くのに理由なんて要らない

 
海の近くに家を建てるということ、海の近くに住むということに関して、メリットとデメリットを書いてみました。
 
僕が実際に住んでいるから、ひいき目で見ている側面もあるかもしれませんが、デメリットなんてどうでも良くなるほどメリットのほうがはるかに沢山あると思います。
 
海の近くに家を建てることを検討している方
 
海の近くの家を探している方
 
海の近くに住むことを考えているけど、迷っている方
 
ぜひ、今回の記事を参考にしてみてください。
 
 
P.S.
 
「海に行くのに理由なんて要らない」
 
これ、かつて妻が言った言葉です。
 
僕は、これ、名言だと思う。
 
なんかのポスターに使えるんじゃないかと思う。
スポンサーリンク