iPhone防水ケースのおすすめはsweetleaffのスマホポーチ!シュノーケリング他アウトドア全般に最強!

sweetleaffの画像
スポンサーリンク

こんにちは!はりじろー(@kachilogy)です!

シュノーケリングをはじめとした海遊びやアウトドア全般で使えるiPhone用の防水ケースをずっと探していましたが、やっと最高と思える一品を手に入れました!

本当におすすめなので、レビュー&紹介をします!

iPhone防水ケースのおすすめはsweetleaffのスマホポーチ!

ぶっちゃけ、この手の防水ケースって、Amazonなどで探しても似たようなものが山ほど出てくるし、選ぶのが本当に大変なんですよね。

僕もこれまでソフトケース、ハードケース共に買ってきましたが、なかなか満足できず。

そんな中で最近やっと出会えて買って満足した一品というのは、sweetleaffの防水スマホポーチです。

画像は(記事冒頭と同じなんですが)こちらです。

sweetleaffの画像
↑iPhone防水ケース「sweetleaff」

なお、sweetleaffは、株式会社Pleasant.japanの自社アウトドアブランドなんだそうです。

この防水ケースがおすすめな理由を列挙すると、

  1. 防水性能への信頼
  2. 耐久性への信頼
  3. 指紋認証・画面タッチのスムーズさ
  4. 高透過性
  5. おしゃれ&使い勝手が良い
  6. 発売元が信頼できる
  7. 総合的にコスパ良好

の7つ。

以下、順に書いていきますね。

・・・と、その前に! iPhone防水ケース、ソフトケースとハードケースのどっちがいい?という問題について

本題に入る前にちょっとこの話題。

iPhone(やその他のスマホ)の防水ケースには大きく分けてソフトケースハードケースがありますよね。

まず最初に、この二つのうちのどっちにしようかっていうのが結構悩むところです。

これに関してだけでも1記事になるほどボリュームがありそうなんで、ここでは割愛して、別の記事で書こうと思います。

用途や今使ってるiPhone本体をいつまで使うかという問題に絡んできて、ソフトケースにするかハードケースにするかどっちがいいかは人によって違ってきます。

僕の場合は、結論だけ言うとソフトケースが合っていると判断しました。

で、そのソフトケースのiPhone防水ケースを探して、長いこと検討して、sweetleaffのスマホポーチにたどり着いたってことです。

では本題に入りますね。

1、防水性能への信頼

iPhone(やその他のスマホ)の防水ケースと言っておきながら、防水性能が怪しい製品って結構あります。

防水ケースにはソフトケースとハードケースがありますよね。

で、ソフトケースの場合、

  • スマホを出し入れする部分の防水性能(出し入れ部分がきっちり密閉できるか)
  • 防水ケース本体部分の防水性能(破れないか)

がポイントになります。

一方、ハードケースの場合は、

  • 防水ケースの「箱」としての密着性(弁当箱のようになっているので、その密着性)
  • 指紋認証部分の耐久性(どうしてもこの部分だけやたら薄い素材になっている商品が多い)

がそれぞれポイントになり、ネックになると思います。

これは複数試してきて僕が学んだことでもあり、商品を比較していてわかってきたことです。

今回紹介するsweetleaffのポーチは、これらを全部クリアできているんですね。

まず、スマホを出し入れする部分の防水性能ですが、ジップと強力なマジックテープで構成されていて、二重に折り返す構造になっています。

このような感じ。

sweetleaffのスマホ出し入れ口
↑sweetleaffのスマホの出し入れ口。ジップと二重折りのマジックテープ。

そして本体そのものの防水性能、つまり破れないかどうかについては、素材と実際に手に取った実感、使用感から、「まず破れることはないだろうな」と感じています。

この手のソフトケースは大抵、ピラピラした感じの硬いビニールみたいな素材だったりするのですが、sweetleafのこちらのケースの素材は高品質TPU素材というもので、柔らかいし、強度も抜群です。

なお、先に上げたハードケースの場合のネック、「箱」としての密着性は、sweetleafのこちらのケースはソフトケースなので、問題になりません。

もう一つ、指紋認証部分の耐久性ですが、sweetleafのこちらのケースも、ソフトケースでありながら確かにこの部分だけ素材が違う感じがします。ですが、使用してみて実際に破れることが今のところ無いので、問題ないと思います。

2、耐久性への信頼

先程、防水性能のパートで書いたことと重複してしまいますが、ご容赦を。

この手のソフトケースは大抵、ビニールみたいな素材だったりしますね。ですが、sweetleafのこちらのケースの素材は高品質TPU素材というもので、柔らかいし、強度も抜群です。

さらには、枠の部分や上下の部分に、丈夫なナイロン素材が使われています。これ、相当頑丈ですよ。

また、他のソフトケースとかですと、ストラップと本体をジョイントする部分が結構しょぼかったりするんですが、こちらはめちゃめちゃ頑丈にできています。これ、強化プラスチックかな?まあかなりゴツイので安心です。

sweetleaffのストラップ取り付け部品
↑sweetleaffのストラップ取り付け部品。かなり頑丈で心強い。

ということで、耐久性への信頼はバッチリです。

3、指紋認証・画面タッチのスムーズさ

sweetleaffの指紋認証部分
↑sweetleaffの指紋認証部分

もともと使っていたソフトケースを使うのをやめた理由の一つが、指紋認証が出来ないってことと、画面タッチの反応が悪いってことでした。

その点でもsweetleafのこちらのケースはクリアしてくれました。

指紋認証も画面タッチも、ケースに入れていない状態と使用感は同じレベルです。

4、高透過性

sweetleaffの全体画像
↑sweetleaffの全体画像。本体の透明度の高さがわかる

ソフトケースっていまいち透過性が優れていない印象がありますね。

製品によってもかなり差があります。

ですが、sweetleafのこちらのケースの透過性の高さには驚きです。

めちゃめちゃ透き通ってる。

水中写真も問題なく綺麗に撮れます。

5、おしゃれ&使い勝手が良い

あ、すんません、おしゃれかどうかは好みの問題ですね。

僕としては結構好きです。

少なくとも大抵のソフトケースは似たり寄ったりのデザインですけど、sweetleafのこちらのケースはアウトドアにも似合う感じです。

そして使い勝手が良い。

これ、ストラップを伸ばせば袈裟がけもできるんですよ。

さらにすごいのは、上下の部分がナイロンで出来ていて丈夫な作りになっているから、ここにカラビナをつけることも出来ます。

sweetleaffの下部分
↑sweetleaffの下部分。ここも丈夫なナイロン製でカラビナが取り付けられる。

そうすれば、リュックにつけたり出来ますよね。

トレッキングやマリンスポーツなどの際に、最高ですね。

6、発売元が信頼できる

この手のiPhoneの防水ケースって、発売元がほぼ海外だったり、どこかわからない会社だったりしますよね。

こちらのケースのブランドは、先程から書いているとおりSweetleaffといいますが、株式会社Pleasant.japanの自社アウトドアブランドなんだそうです。

サイトやAmazonのページを見ても、信頼できそうです。

ここ大事。

7、総合的にコスパ良好

ここまでの話でゴリゴリに推してきましたが、じゃあ気になるお値段は?というと、なんと!!

iPhoneSEなどに対応するサイズで1280円!!

iPhone11pro maxなどに対応するタイプで1380円!!

(2021年8月19日現在、Amazonにて)

はい、確かに大抵のソフトケースはもう少し安いものが多いです。

でもその価格差ってわずかですよね?

そのわずかな差をケチって後悔するより、良いものを買った方が絶対にいいですよ!

コスパ最高です!!

iPhone防水ケースを探しているなら、sweetleafのスマホポーチをぜひお試しあれ!

というわけで、iPhone(その他のスマホ)の防水ケースを探しているのであれば、ぜひsweetleafのスマホポーチを試してみてください!

きっと気に入ると思いますよ!!

なお、サイズとタイプがいくつかあるので、わかりやすいように分けてリンクを掲載しておきます。

↓まず、iPhone11などの大きめのスマホ対応サイズはこちら。大は小を兼ねるでして、こちらであれば小さいスマホももちろん入ります。

↓こちらはiPhone6、7、8などのサイズまでに対応している小さい方のケース。実は僕はiPhone8とSEなのでこちらでも良かったのですが、あえて上の「大きめサイズ」にしました。理由は、いずれiPhoneを買い換えるからです。

↓こちらはなんとエアポンプ搭載のタイプ!エアポンプで空気を抜くことで、中のスマホとポーチが密着して、中のスマホが動かないという優れものです。こちらにしようか迷いましたが、僕はエアポンプまでは不要かと思い、こちらにはしていません。

今回は以上です!

では!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)