【iPhone防水ケース比較】ソフトケースとハードケース、どっちがおすすめ?メリットとデメリットを解説

iPhone防水ケースの比較画像
スポンサーリンク

こんにちは!はりじろー(@kachilogy)です!

iPhone防水ケースには大きく分けてソフトケースとハードケースの2種類があります。

まずその時点で迷う!!って人も多いと思います(僕もそうでした)。

経験を踏まえて、それぞれのメリット・デメリットを比較してみました。

【iPhone防水ケース】ソフトケースのメリット

iPhone防水ケース、ソフトケースのメリットは以下のとおり。

安い

Amazonなどで調べればわかると思うのですが、ソフトケースであれば安いものなら1000円未満で2枚セットなどで買うことが出来ます。

なので、コスト的にはソフトケースの方が安いものが多いです。

出し入れしやすい

形状として、スマホ本体が出し入れしやすいものが多いです。

上の部分の部品を外してスポッと入れるか、ジップ式のものですね

本体のサイズを選ばない

ソフトケースの場合、いわゆるポーチのようなものなので、本体のサイズを選ばず、大きめのものを買っておけば大体のスマホが入ります。

ついでに小物やカードなどの貴重品を入れるという使い方も出来ます。

また、画面フィルムや普段からつけているスマホケースに入れたままソフトケースに入れることも出来ます(サイズがギリギリだと無理ですが)

浮くものが結構多い

あえて空気を入れることで、水面に浮くものも結構あります。

ただし、入れすぎるとタッチが上手く出来ないのでそこは難しいところ。

最初から「浮く」っていうのを売りにしている商品もありますね。

ストラップ付きで、動きやすい。アームバンド付きもある。

ソフトケースの場合、基本的にどれも大体ストラップ付きで、ほぼ首から下げるようなスタイルです。

中にはアームバンドがついているような商品もあるので、そうしたソフトケースなら結構動き回るスポーツにも対応出来ますね。

【iPhone防水ケース】ソフトケースのデメリット

iPhone防水ケース、ソフトケースのデメリットはこんな感じです。

耐久性に不安があるものが多い

素材にもよりますが、残念ながら耐久性にはなんとなく不安があるものが多いですよね。
このあたりは、素材や出しているメーカーやブランドを見極めるしかないです。

水中での画面タッチが上手くいかないものも多い

これも素材や空気の入り具合にもよるのでしょうが、あまり水中での画面タッチ、濡れた状態での画面タッチには期待が出来ません。

【iPhone防水ケース】ハードケースのメリット

続いてハードケースのほうを書いていきます。

まずはメリットから。

耐久性があるものが多い

当然と言えば当然なのかもしれませんが、ソフトケースに比べて耐久性はあるものが多そうですね。

ただし、指紋認証する部分だけちゃっちいフィルムになっている場合があって、ここは非常に悩ましいところ。

水中での画面タッチが上手くできるものが多い

これまで自分が買った商品も含め、水中での画面タッチや濡れた状態での画面タッチは、ソフトケースよりは上手くいく感じがします。

とはいえ、水中写真などを撮る場合は、ボリュームボタンなどの物理ボタンで押すほうが「空振り」がなくていいです。

【iPhone防水ケース】ハードケースのデメリット

ではハードケースのデメリットを書いていきます。

高い

まあ安いものなら2000円くらいで結構買えるのでそれほど高いわけじゃないのですが。

それでもソフトケースとの比較で言えば、まあ高いってことになります。

出し入れしづらい

これはハードケースの性格上仕方がないのですが、出し入れはしづらいです。

水辺で使う時だけハードケースに入れるっていう使い方をすると、いちいち出し入れするのは面倒。

しかも、スマホサイズに適したケースを選ぶことになるので、普段使っているケースを一旦外したり、場合によっては画面フィルムを外す必要があります。

ケースはまだしも、フィルムはいちいち外してられませんよね。

こうなってしまうと、日常でもそのハードケースを使い続けることも視野に入れる必要が・・。

本体サイズに縛られる

先に書いたとおりなのですが、ハードケースの場合は、そのスマホサイズ専用のものを選ぶ必要が出てきます。

なので、もしスマホ本体を買い換えてサイズが変わってしまったら、ケースも買い換える必要が出てきます。

浮くものが少ない

基本的にハードケースの場合は浮くものは少ないです。

なので、このようなフロートをつけるといいでしょう。

僕もハードケースを使っている時はフロートをつけていましたし、ソフトケースでもつけてます。

万が一、海の上で落としたり、水中で手元から離れても、浮いていれば紛失することは防げる可能性が高いので。

後付けストラップで対応できるが、ガチャガチャして動きにくいかも

ハードケースの場合はソフトケースのような首下げストラップが付いていないものが多いです。

手に巻くストラップがついているものはあるようですが、まあずっと手に持ってるのも煩わしいですよね。

後付けで首下げストラップを取り付ければ対応も出来ますが、ガチャガチャして動きにくいかもです。

まとめ

ということで、iPhone防水ケースのソフトケースとハードケース、それぞれのメリットとデメリットを比較してみました。

実はそれほど高いものでも無いので、もう両方買って試してみるのも良いのでは?と思っています。

僕はそうしました(笑)

で、実際に両方使ってみて比較検討した結果、現在のところ、上で書いたソフトケースのデメリットが解消されているソフトケースがあり、それを愛用しています。

こちらのiPhone防水ケースのおすすめはsweetleaffのスマホポーチ!シュノーケリング他アウトドア全般に最強!という記事で詳しく紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

sweetleaffの画像

iPhone防水ケースのおすすめはsweetleaffのスマホポーチ!シュノーケリング他アウトドア全般に最強!

2021.08.20

では!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)