【プリズナートレーニング】必須&おすすめの器具・道具まとめ!使うと超やりやすいよ!

吊り輪の画像
スポンサーリンク

こんにちは!はりじろー(@kachilogy)です!

プリズナートレーニングをやり始めて約半年が経過。

ペースは抑え気味ですが各ステップを進めています(次男と一緒に取り組んでいるというのも理由の一つですが)。

それでも、目に見えて肩や腕、大腿が太く・デカくなってきた!

まあ、おっさんの腕や太腿の写真を載せても迷惑極まりないので写真は載せませんが。

どのメニューがどこまで進んで、どんな効果が出てきたのかは別の記事で書くとして、この記事では、プリズナートレーニングを進めるにあたって、「これ絶対必須だよ、あったほうがいいよ!」「これを買っておくことをおすすめしますよ!」っていう器具・道具をご紹介します。

どれも低価格で手に入るものばかりです。

※「プリズナートレーニングってなんだよ?」っていう方はそもそもこの記事を読んでる方の中には居ないかもしれませんが、もしそういう方はこちらの記事をどうぞぜひ読んでみてください。

プリズナートレーニングの感想【これを読んで本物の強さを手に入れろ!】

プリズナートレーニング表紙

プリズナートレーニングの感想【これを読んで本物の強さを手に入れろ!】

2021.01.11

【プリズナートレーニング】これ絶対必須の道具!ヨガマット!

まずは必須の道具。それは、ヨガマットです。

ハードな自重トレーニングに、欠かせません。

まずわかりやすいところでは腹筋で使いますね。

プリズナートレーニングではレッグレイズと呼んでいるやつです。

前半では(ステップ2くらいから)寝た状態で脚を上げる動作をするので、ここで必ず必要になります。

ちなみに後半になると、ぶら下がった状態で脚を上げていくことになるので、あまり使わないんですが。

そしてプッシュアップでも使います。ステップの前半に、膝を付けてのプッシュアップが入るので、ここではヨガマットが無いと膝が痛いです。

意外なところですが、スクワットでも使います。

最初のステップで、逆さになった状態でやるので。

で、プルアップ(懸垂)でも使います。

ステップ2のホリゾンタル・プルでは、斜めになった状態での懸垂をしますが、ここでヨガマットが必須になります(自宅で懸垂をやる場合)。

無いと、足が滑ってしまって出来ないんですよ。(板の間に素足、とかなら滑らないかもしれませんが、それ多分、すごくカカトが痛いと思う)

というわけで、必須の道具です、ヨガマット。

僕が使ってるのはだいぶ古くて薄い素材のものですが、これに買い換える予定です。

使ってると、「滑らないもの」「厚めのもの」「大きめのもの」が良いということがわかってきます。

これなんかベストだと思います。

【プリズナートレーニング】あると便利なおすすめの器具!吊り輪とグローブ!

プリズナートレーニングではプルアップがメニューにありますね。

プルアップ(懸垂)をやるなら、吊り輪がマジでおすすめです。

吊り輪を取り付けた画像(アイキャッチ)

プリズナートレーニングの懸垂器具は吊り輪がおすすめ!【どハマり】

2021.01.28

上記の記事で詳しく書いていますが、段階や家の造りや身長に合わせて長さを調整できるし、何よりも本でも吊り輪を推奨しているんで。

レビューや使用感に関しても詳しくは上の記事で書いています。

なお、記事内で紹介しているものですが、うちで使っているのはこちら。

で、この吊り輪に関連するんですが、グローブもあったほうが良いです。

吊り輪にせよ、懸垂バーにせよ、自分の体重を持ち上げるとなると、握った手のひらがかなり痛くなります。それも回数を重ねると余計に。

グローブがあると全く違いますよ。

汗で滑るようなことも防げるしね。

こちらも別に高いものを使う必要は無いと思います。

僕はこれを使ってますが、全く問題ないです。

※僕は身長172センチ。手の大きさはまあ普通だと思いますが、サイズはMで問題なしです。次男は中2ですが、サイズはSです。ご参考までに!

まとめ

というわけで今回はプリズナートレーニングを実践するにあたって、必須な器具・道具、あると便利な器具・道具について書きました。

実際に使ってみて、安くておすすめなアイテムを紹介しましたので、ぜひ参考にしてみてください。(ヨガマットはこれから今回紹介したものに買い換え予定です)

プリズナートレーニング自体がわりと一般的にはマニアックな話題なんで、この記事を読んでいる方はすでに実践している方、実践しようとしている方かと思います。詳しい方にとっては、「そんなこと知ってるわ」って内容ばかりだったかもしれません(汗)ご容赦を。

では!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)