腹をくくるという意味と語源は?腹をくくる本当の方法とは?

黒帯画像
スポンサーリンク

「まあ、最後は腹をくくるないだろう」

 

などと重々しく上司が発言したときに、

 

「は?」

「腹をくくる・・・?」

 

と思ってしまったそこのあなた!!

 

そう、あなたのために、この記事では、

 

・腹をくくるという言葉の語源って何?

・そもそも腹をくくるってどんな意味?

・腹をくくる方法とは?

 

といったことを、僕の勝手な考えも織り交ぜつつ詳しく書いていきます。

腹をくくるという言葉の語源は?

腹をくくる、という言葉の語源はいったいどこから来ているのでしょうか?

色んな説があるかもしれませんが、下記のような話が有力らしいです。

 

・戦場に向かう武士が、帯を締め直す

・着物を着ている人が、緩んでいる帯を締め直す

 

僕はこれに追加して、

腹に「気」をみなぎらせる、というようなこと

からも来てるんじゃないかと思います。

僕はかつて空手もやっていたし、武道が好きなので、そうした経験からそんな風に思います。

剣道や柔道もそうだと思いますが、空手の場合は、丹田と呼ばれる下腹の部分に気をみなぎらせ、気合いと共に声を出します。

これが、腹をくくる、という状態に近いのではないかと感じます。

 

いやなんとなくですけどね。

 

腹をくくるという言葉の語源についてまとめると、武士や武道、日本文化などにルーツがあるってことです。

腹をくくるという言葉の意味とは、簡単に言えば覚悟を決めるってこと

腹をくくるという語源からわかるように、そこには、何か重大なことに際して「覚悟を決める」という意味があることがわかります。

仕事でも「腹をくくって、もうこれで決めるしかないな」などと使ったりしますね。

(というか、使っているのを聞いたりしますよね)

 

「逃げない、と決める」

「迎え撃つ、と決める」

つまりまあ、そういう覚悟ってことです。

腹をくくる本当の方法は、結果を手放すことにある

腹をくくる、覚悟を決める、というと何かとても勇気の要ることのように聞こえます。

 

「明日の試合、嫌だなあ」

「明日のテスト、嫌だなあ」

「明日のプレゼン、逃げたいなあ」

 

そう思うことってありますよね。

でも、最終的には逃げることができないことが多いわけで、「よし、行ってくるか」と出掛けるわけです。

この時、ただ嫌々行くだけなのではなく、どうしたら、腹がくくれるのか?

僕が思うに、腹をくくる方法は、「結果を手放す」ということが重要なんじゃないかなと思います。

 

上手くいくかどうかは、この際関係ないってことにしておくことだと思います。

とりあえず、やるっていうことを決めるだけ。

失敗したらどうしよう、とか、戦って負けたらどうしようとか、そういう「結果」を手放してしまうってこと。

結果なんてどうなるかわからないし、上手くいくかどうかなんてわかりませんからね。

まとめ

今回は、「腹をくくる」という言葉の意味や語源、「腹をくくる」方法について書いてみました。

日常生活では、おそらく全くと言っていいほど使わない言い回しですが、意外と会社とかでは好んで使われる言葉ですよね、これ。

 

*2017年1月28日追記↓

「腹をくくる」ためには決断力も重要なんじゃないかと思います。

決断力をつけるには?最良の方法は「断つものを決めること」

2016.06.29

 

*2017年3月23日追記↓

日本語には「腹」を使った言い回しがほんとに多いですね。

例えばこの「腹落ちする」という言い回し。

これも使う人結構多いですよね。

「腹落ちする」とはどういう意味?「腑に落ちる」とは違うの?

2017.03.18
スポンサーリンク

2 件のコメント

  • 結果は、成功するか失敗するか紙一重
    結果を恐れずに行くと言う事が腹をくくる
    怖じ気ずに行く事にしました、感謝です。

    • コメントありがとうございます!!
      少しでも何かのヒントになっていたのでしたら、とても嬉しいです!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)