お腹の風邪の時におすすめの食べ物と治し方【あくまで実体験】

温かいスープ
スポンサーリンク
丸3日間、「お腹の風邪」というやつに悩まされ、ようやっと元気に復活することができました。
 
今回は、この四日間の経験を元に、お腹の風邪の間に食べた食べ物と、治し方を紹介します。
 
あくまで実体験ベースです。僕は医者でも医療関係者でも無いのでご注意を。
 
 

経緯と症状

 
突如、腹痛と共に寒気が走ったのが土曜日の夜。
 
それから丸3日間、腹痛と下痢(汚くてすみません)、発熱に悩まされました。
 
僕は思い出す限り一年以上は風邪をひいた記憶はありません。
 
ましてや今回の発熱は38度以上出たのですが、これってなかなか大人にはシンドイ。
 
 
もちろん病院に行きました。
 
もしやインフルエンザでは・・?と思ったけど、インフルエンザは陰性でした。
 
心配だったのは、金曜日にちょっと生肉風のものを食べていたこと。
 
もちろんその話も医者にしました。
 
すると・・・
 
「まあ、関係ないですね」とのこと。
 
つまり、食中毒ではないとのこと。
 
「お腹の風邪ですね」と。
 
 

お腹の風邪とは何なのか?

 
これがよくわからん。
 
僕は子供のころから、風邪っぽい症状で病院に行くたびに「お腹の風邪ですね」って言われてきたんだけど、ぶっちゃけ正体不明ですよね、「お腹の風邪」という病気。
 
まあ、風邪という病気そのものが抽象的といえば抽象的ですけどね。
 
疲れがたまっている時に、細菌が入ってきて、ちょうど弱っていた胃腸がやられた
 
というのは妻の見解。
 
そんな感じで僕も整理しています。
 
なんとなく。
 
 

お腹の風邪の時に食べても良い食べ物とは?

 
病気の間は食欲はだいぶ落ちましたので、基本的には一日2食しか食べませんでした。
 
お腹の風邪の場合、無理して食べるのはいけない気がします。
 
で、その2食はお粥とうどん。
 
お粥は、塩だとか味噌だとかめんつゆで味付けしただけのもの。
 
ネギを入れると良いみたいです。
 
症状が軽くなってからは、ゆでた白菜とかも入れました。
 
うどんもほぼ素うどん。ネギとショウガをたっぷり入れて食べました。
 
胃腸への負担が少ないので、こんな感じのメニューがおすすめです。
 
症状が悪化することはありませんでした。
 
 

お腹の風邪の治し方

 
治し方といえば、とにかく安静が一番。
 
ほぼ3日間、ずっと寝てました。食事以外はずっと寝てました。
 
なにせ、身体の抵抗力、自然治癒力を復活させることが一番ですから。
 
胃腸を休ませて、胃腸が正常に働いてくれるまで、待つしかないんです。
 
僕はそうしました。
 
 
発熱していたので水分補給も必要でしたが、少なく、こまめに補給するようにしました。
 
いつものようにがぶ飲みすると・・・まあ大変なことになるので。
 
 

まとめ

お腹の風邪の場合は、無理して食べないということと、食べるのであれば胃腸に優しいメニューに限ること。

で、何より安静が第一だということを改めて認識した次第。

身体が本来持っている、自然治癒力を引き出してあげることに僕は注力しました。

 

ちなみに当然ですが、まずは病院に行ってきちんと診てもらうことが大事ですよ。

もし別の大きな病気だったら大変ですので。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)