あなたの子供にもスラムダンク完全版を読んでもらいたい理由

バスケットゴールの画像
スポンサーリンク

うちの長男は現在中学2年。部活はバスケ部。

毎日毎日、部活に明け暮れていて、青春まっさかりです。

そんな長男がバスケ部に入部したきっかけは、不朽の名作漫画、スラムダンクだったのでした。

僕がスラムダンクを買い、長男に薦めた理由

時はさかのぼり、長男が中学に入学する直前の春休み。

小学校を卒業して中学に入学する間の春休みのことです。

その時、珍しく風邪をひいてしまった長男。

でも、そこそこ元気で、布団の中で暇を持て余していたんですね。

「なんか漫画でも買ってきてやるか」

そう思って、ひとまず書店へ。

これからもう中学生だから、何かこう、大切な何かが学べるものが良い。

熱いものとか。

仲間が大事!とか、友情!とか。

でも、単なるスポ根ものとかじゃなくて、人として大切な何かが学べるようなもの・・・。

「・・・・スラムダンクか・・・!」

書店には、「スラムダンク完全版」がずらりと並んでいました。

ひとまず、1巻だけ購入。

何せ彼は飽きやすい性格なので、全巻買った上でもしも読んでくれなかったら、悲劇ですから。

飽きやすい長男も夢中になって読破

布団でつまらなそうにしている長男にスラムダンク1巻を渡すと、ひとまずは特に興味無さそうに手に取り、すぐに枕元に置いてしまいました。

「面白いから、良かったら読んでみなよ」

そう言って、その場を離れました。

長男はバスケの経験も無いし、もしかしたら読まないかもな・・。

そんなことを考えながら、しばらくしてもう一度長男の様子を見に行くと・・・。

 

めっちゃ読んでる!!

夢中になってる!!

 

そして読み終えた長男は

 

「ねえ、続き無いの?」

 

と。

 

そこで、すぐに全巻セットをAmazonで購入し長男にプレゼント。

(最初に買った1巻はダブってしまいましたね)

それはもう、夢中で読破した長男。

本はおろか漫画でも、今までこんなに夢中で一つの作品を長男が読破したところを、見たことはありませんでした。

スラムダンクがきっかけで、バスケ部に入部した長男

そしてやがて来た中学生活。

 

「そういえば、部活は何やるの?」

 

長男「・・・バスケがやりたい」

 

・・・!

 

三井か・・・! 

三井の名ゼリフ、「バスケがやりたいです・・・」出たよ!

 

元々、スラムダンクを読む前は、陸上部に入る予定だった長男。

一転、未経験ながら、バスケ部に入ることになったのでした。

スラムダンクには大切なメッセージが沢山込められている

スラムダンクは多くの方がご存知だと思いますが、井上雄彦さん作のバスケットボール漫画。

かつて週刊少年ジャンプで連載され(1990年~96年)、連載当初もさることながら、未だに絶大な人気のある漫画です。

不良少年の主人公・桜木花道が、バスケと出会い、バスケを通じての挑戦や成長を描いていく漫画です。

僕も連載中はずっと読んでいました。

また、大人(ビジネスマン)にとっても、とても心に刺さる、大切なメッセージが沢山込められている漫画です。

まとめ

小学校高学年くらい以降のお子さんには、ぜひスラムダンクを読ませてみてください。

きっと、何かが変わります。

 

うちの息子のように、未経験でもバスケ部に入るかもしれません(笑)。

親子の信頼関係を築く最も効果的な方法

2016.01.31
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)