自分の長所の見つけ方、その一番シンプルな方法とは?

双眼鏡を構える少年
スポンサーリンク

「あなたの長所は何ですか?」と聞かれて、即座に色々と答えることが出来るでしょうか?

ここでは、「自分の長所を知りたい」「自分の長所の見つけ方がわからない」という方に、自分の長所を見つける一番シンプルな方法をご紹介します。

自分の長所の見つけ方、その一番シンプルな方法

自分の長所を見つける一番シンプルな方法は、任天堂の元社長の故岩田氏が残した言葉の中にありました。

KADOKAWAの川上氏との対談からの引用です。

 

自分の好きなことと嫌いなことーもっと言えば、自分がやりたいこととやりたくないことーを、自分が得意なことと得意じゃないこととイコールだ、と思い込んでいる人が多いです。

引用元:http://www.4gamer.net/games/999/G999905/20141226033/index_3.html

好きじゃないけど得意なこともありますし、好きだけど、実はあんまり得意じゃないよっていうことも結構あって。だから、仕事というのは「得意なこと」をやった方がいいんです。好きだけど得意じゃないことに溺れると、仕事っておかしくなることが多いんです。

引用元:http://www.4gamer.net/games/999/G999905/20141226033/index_3.html

自分の労力の割に周りの人がすごくありがたがってくれたり、喜んでくれたりすることってあるじゃないですか。要するにね、「それがその人の得意な仕事なんだ」って話で。逆に、自分的にはすごい努力して、達成感もたっぷりあるのに、周りからは「はあ?」みたいに思われることもあって。それはね、本人が好きだったとしても、実は不得意なことかもしれないんですよ。

引用元:http://www.4gamer.net/games/999/G999905/20141226033/index_3.html

 

岩田さんはこの話を、会社説明会で学生たちに対して話してきたそうです。

「自分の労力の割に周りの人がすごくありがたがってくれたり、喜んでくれたりすること」 これに気付くことが、自分の長所(=強み)を見つける方法だということです。

僕はこれを読んで、ものすごく感銘を受けたし、ストンと腹に落ちるものがありました。

そうだよなあ。

「やりたい」とか「こういう仕事が好きだ」と思っていても、それが得意なことなのかどうかは実は別ってこと。

自分的にはあんまり苦労しているつもりじゃなくても、人から「スゲー!!」って言われることこそが、強みであり、長所だということ。

言われてみればそのとおりなんですが、気づいてなかったことでした。

自分を見つめることと、人との関係性の中で発見していくこと

では、もっと具体的に 「自分の労力の割に周りの人がすごくありがたがってくれたり、喜んでくれたりすること」 にどうやって気付いていくか、というと、これはもう、普段から自分を見つめることと、人との関係性の中で発見していくことしか無いでしょう。

・過去、今まで自分がしてきたことを振り返ってみる

・人にとっては難しいけど、自分にとっては割と簡単に出来てしまうことって何だろうか、と考えてみる

・人から、「○○が上手いね」と言われるようなことって何だろうか、と考えてみる

こうしたことの中に、きっとその答えがあると思います。

意外と自分一人で「自分の長所って何だろう」って考えるよりも、自分の親しい友人や同僚、家族のほうがわかってくれてたりします。

何人かに聞いて、似たようなことを言われたら、それがきっと自分の長所である可能性が高いですよね。

まとめ

好きか嫌いか、やりたいかやりたくないか、から離れて、「ラクにやってるつもりなのに、ものすごく感謝されてしまうこと」を意識すると、自分の長所を見つけることが出来るということでしょう。

相手から見てどうか、を考えるということが大事なんですね。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)