もっと自分の時間が欲しい人のための、時間を2倍に増やす5つの方法

自分の時間が欲しい!
スポンサーリンク
毎日仕事が忙しくて、自分の時間が無い・・・。
 
家事や育児に精一杯で、趣味なんかやる暇が無い・・・。
 
あなたも時間が足りないって悩んでいませんか?
 
 
僕も毎日、悩んでました。正直、今も日々奮闘しています。
 
 
平日はもちろん朝から仕事です。残業はそれほどしていませんが、それでもやはり、拘束時間はなかなかのものです。
 
帰宅後は食事と入浴を済ませた後、ちょっとした育児タイムがあります。
 
次男に歯を磨かせたり、本を読み聞かせるというのが、僕の役割になっています。
 
その後、洗濯物を妻と一緒に室内に干すという家事があります。(翌日の朝には外に出しますが、とりあえず夜間のうちに部屋干ししておくのです)
 
これらが一通り終わってからが、僕の時間です。
 
さて・・・。時計を見ると・・・。
 
 
時間なんてほとんど無い!!
 
 
そんな僕が、
 
どうすればもっと効率的に時間を使えるのか、
 
自分の時間を捻出する方法は無いのか、
 
今まで試行錯誤してきて、効果があったことを、5つの方法として整理してご紹介します。
 
もっと自分の時間が欲しい!という人にはきっと役に立つと思います。
 
  

優先順位の低いことをバッサリと切り捨てる

 
まず最初に紹介するのは、捨てるということ。
 
自分の人生や生活の中の様々なことについて、優先順位を決めたうえで、やらなくても良いことはバッサリと切り捨てるということです。
 
毎日の生活とかをよく振り返ってみると、実はそれほど重要では無いことに時間を使ってたりするものです。
 
もったいないですね。
 
ただ、意外とこれらを切り捨てるというのは難しいです。
 
なぜかというと、
 
「何をすべきかを考える」よりも「すべきではないことは何か」を考えるほうが難しい
 
からです。
 
最初は簡単なところから「捨てる」と良いんじゃないでしょうか。
 
惰性でやっているようなこととか。 
 
あるいは、何らかの尺度を設けると判断しやすいです。
 
おすすめなのは名著「7つの習慣」をベースにした手帳での計画方法です。
 
 

やる時期をずらす

 
今、目の前にある「やるべきこと」が、本当のところはいつまでにやらなくてはならないものなのか、真剣に吟味してみる必要があります。
 
気をつけないと、ついつい前のめりに「今日中」「今週中」などと、根拠なくスケジュールを組んでしまうことって意外と多いもの。
 
来週やれば良いことは、来週にまわせば良いんです。
 
もっと言えば、「しばらく保留」「しばらく棚上げ」だって全然アリだと思います。
 
放っておいたら時間が勝手に解決していた、なんてことも意外とあったりしませんか?
 
時には良い意味での「先送り」をしてしまってもいいと思います。
 
今週に空き時間を作り、本当に今週やるべきことだけをやりましょう。
 
 

組み合わせる

 
いくつかの要件を、同じ時間帯・隙間時間に一度に済ませることができないか、という非常に効果的なワザです。
 
以前、別の記事でも書いていますが、実は今回紹介している5つの方法の中で、一番手っ取り早くて簡単な時間術なんじゃないかと思っています。
 
なぜなら、現代はそのためのツールが整っているからです。
 
通勤電車の中で、ただ寝ているだけなんてもったいないです。
 
スマホやiPadがあれば、かなりのことが出来てしまいます。
 
調べもの、買い物、ブログの下書き、メールチェックと返信。
 
これらのことは移動中に済ませてしまえるでしょう。
 
 
運動をしながら何かを同時にこなすことだって可能です。
 
ランニングしながら音声学習をしたり、泳ぎながら考え事をまとめることだって可能です。
 
 

人に任せる

 
言葉のままです。
 
思い切って人に任せるということです。
 
時にはお金をかけて外注することだって必要だし、外注というのは内容にもよりますが非常に有効な手段です。
 
仕事そのものの外注の話だけではありません。
 
人によっては抵抗もあるかもしれませんが、家事だって代行してもらうことは可能です。
 
あなたが自力でやろうとしていることの中で、他の人に任せられることは何でしょうか?
 
ひょっとすると、他の人の方が上手に出来てしまうこともあるかもしれません。
 
 

かかる時間を圧縮する

 
やらなくてはならないこと、やるべきことの、スピードを上げるということです。
 
ライティングのスピードを上げたり、考えるスピードを上げるということです。
 
 
スピードを上げる秘訣は、一つは「スキルアップ」。
 
経験や慣れによって、スピードを上げるという方法です。
 
 
もう一つは、制限時間を設けてしまうということです。
 
例えば、ブログ1記事を書くために、何分と決めてしまうなどですね。 
 
 

まとめ

 
会社員だろうが起業家だろうが主婦だろうが、誰にとっても「どうやって時間を捻出するか」は永遠のテーマだと思います。
 
誰でも平等に、一日は24時間しか無いですからね・・。
 
今回紹介した5つの方法は、全ての人にとって効果があるかどうか、正しいかどうかは置いといて、少なくとも僕にとっては効果を発揮してくれている方法です。
 
結局は試行錯誤していくしかありませんが、是非、活用してみてください。
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)